収蔵品案内

「弥栄平遺跡」の一覧全2件

大木10式併行土器

大木10式併行土器昭和59年、弥栄平(1)遺跡から出土した土器で、高さ30.0cm、口径18.0cm、底径9.0cmです。
平縁深鉢形土器で、口縁部に磨り消しと、縄側面圧痕文原体RL縄文、2孔1対の補修孔が施されています。

縄文美子かめ棺

縄文美子かめ棺昭和46年9月4日に18~19歳の女性の人骨が、かめ棺土器から偶然発見され、一躍有名になりました。縄文時代後期(約4,000年前)のものとして は、全国でも数少なく昭和49年に頭蓋骨を県立郷土館で複顔されました。当館では全身を復元し、さらに音声認識ロボットを製作展示しております。
縄文美子は、東京大学鈴木尚先生によって復元されました。